D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

金属3Dプリンタ

皆様

こんばんは

 

最高裁で、父親と子どもの関係について、血縁よりも法律上のつながりを優先する判決法律上の親子関係を優先する判決が下りました。

複雑な状況に加えて、DNA鑑定技術が進み、民法が時代に合っていないのでは?と、話題に。

 

今は技術がグイグイ進化していく時代。

(株)ソディックは2014年7月16日、

ワンプロセスミーリング加工を実現するリニアモータ駆動の金属3Dプリンタ「OPM250L」の開発に成功し、

販売価格は6500万円~(税別)、同年10月から販売すると発表した。

年間60台以上の生産を計画している。

 

同製品は、粉末金属にレーザー光をスキャンすることによって溶融凝固させる粉末積層造形と、

回転工具を用いた高速ミーリングによる仕上げ加工(切削加工)までを連続して行うことができる、「業界初」のワンストップソリューション。

同製品をプラスチック成型品の金型製造に適応した場合、

金型内部への3次元冷却配管や幅の狭い深リブを配置することが可能となり、

従来加工できなかったような複雑な金型作りが行える。

 

最大造形サイズは250×250×250mm、最大積載質量は100kg。

レーザーの最大出力は500W(Ybファイバーレーザー)。

 

同年10月30日~11月4日の期間、東京ビッグサイトで開催される「第27回 日本国際工作機械見本市(JIMTOF2014)」への出展が予定されている。

 

3Dプリンタで銃も作れてしまうこの時代。

形ある物は全て3Dプリンタで作れてしまう世の中が来るのも、

そう遠くはないのかも。

ワンプロセスミーリング加工を実現するリニアモータ駆動の金属3Dプリンタ「OPM250L」

 

参考資料:http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1407/18/news081.html