D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

平均年収6,000万

11月9日

給料は高い方が良い。

給料ではなく、やりがいが重要。

 

意見は分かれると思います。

 

しかしながら、

ゴールドマン・サックス(金融系)は平均年収が6,000万と

何ともぶったまげた給料です。

 

ここはアメリカの金融グループであり、世界最大級の投資銀行。

取引業務(株式、債券、通貨などの金融資産や不動産の売買、資金の貸付)、投資銀行業務、富裕層へのプライベート・バンキング、保険業務を主としています。

 

社員の平均ボーナスが6500万円を超えるという報道でも有名であり、

生え抜きの30代の日本人社員が 3億6763万円を納税し、推定所得10億円以上で高額納税者番付に入ったり‥

 

何とも夢の様な会社とも感じますが、

実際、超・超サバイバル社会で、実績を残せない人は自ら離職したり、解雇されることも多々。

20%くらいは毎年やめているのではないかとも予想されています。

 

残った社員は強者揃い。

 

しかし、何か私はさみしくも感じてしまいます。

 

みんなで協力し合い、ともに成長していけるような会社をの方が性に合っています。

まさにワンピースの様な‥

最終的には猛者になっていければ良いのです。

 

みなさんはどうお考えでしょうか。