D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

アメリカの富裕層に人気 No1 の車種とは?

11月7日
  • HOME
  • » ブログ » アメリカの富裕層に人気 No1 の車種とは?

皆さんは、アメリカというと
どんなイメージがありますか?

自由の国、アメリカンドリーム、
ハンバーガーが大きい、なんなら全てがビッグサイズなど
いろいろなイメージがあるかと思います。

今回はその中でもアメリカの富裕層にまつわる車のトレンドについての
興味深い記事を見つけましたので、ご紹介をしたいと思います。
※原文はこちらから
http://agora-web.jp/archives/1566424.html

ずばりアメリカの富裕層に人気 No1 の車種とは?

はい。

富裕層に人気と聞くと、メルセデスベンツ、BMW、アウディまたは、
ロールスロイス、ベントレーなど想像をされるかと思いますが。

自動車情報サイト大手エドマンズ・ドットコム、フォーブス誌、
R・L・ポーク社の調査によりますと、
全米住宅価格・中央値トップ25地区の1~8月新車販売台数で最も人気が高かったブランドは
BMW、アウディ、ベンツ、レクサスでもなく……セダン「モデルS」。
そう、現実世界のトニー・スタークとの誉れ高いイーロン・マスク率いるテスラの電気自動車(EV)です。

住宅価格の中央値レンジが430万~670万ドル(4億2140万円~6億5670万円)の
25地区のうち、テスラは実に8地区でトップに輝きました。
カリフォルニア州のポートラ・バレー、同州ロスアルトス・ヒルズ、同州アサートンなどでは、
1~8月期の新車販売台数のシェアは2桁を記録。
住宅価格・中央値で全米トップのアサートンでは、実に15.4%にも及んだとのことです。

なお、EVであるテスラ購入者には7500ドル(73万5000円)の
連邦税控除を与えられるとのこと。
これがカリフォルニア州だと、2500ドル(24万5000円)の
州税控除とセットになるらしいんです。

テスラがカリフォルニア州パロアルトに本社を構えているのも、
地元アメリカ人富裕層の愛着をそそるのかもしれません。

「モデル S」の価格は7万1000ドル(695万8000円)から。
庶民には少し手が届かない値段です(汗)
ちなみに日本でも予約開始済みで、2014年春に
納車予定なんですね。
環境に配慮するリッチ層が公道でデビューさせると、
憧れの人気車種として急上昇するのか注目です。