D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

安売り をせずに 価値 を売るということ

10月23日
  • HOME
  • » ブログ » 安売り をせずに 価値 を売るということ

 

台風がまた接近していますが、皆様 備えは万全でしょうか?

 

 

「安売りするな、価値を売れ」これはちょっと前に流行った本のタイトルです。

 

 

確かに安売りしたらいくら頑張っても儲かりません。価値に応じて対価をしっかりともらえる。

そんな戦略を行う方が、良いに決まっています。

 

 

ただ、「価値を売る」ことこそが善と盲信しすぎて、最初から「価値」を売って「ブランド商売」に走ろうとすることは疑問を感じます。

 

 

エルメスやロレックスの販売を目指すならアリかも知れません。

 

 

しかし、無名の事業者が自分で「凄い、凄い」と宣伝をしても、そう簡単に「ブランド力」というのは作れるものではありません。

最初から「ブランドになる」ことを目指すのは、心意気としてはいいことだと思います。

 

 

ただし気合いが入りすぎていると単なる勘違い、空回りに終わるだけのことが実際は多いそうです。

 

 

なので、「価値を売る」という表現よりも、「驚きを与える」という表現の方が良いのいではと思います。

結局のところ、商売はどんな事業であっても、お客さんに対して「驚き」を与えてあげることが大切ですよね。

 

 

言い方を変えれば「サプライズ」。ただ「ビックリさせる」という意味ではありません。

 

 

「期待を越えたサービスの提供」という意味です。

 

・他のお店では真似できない低価格で良い商品を提供する。

・同じ値段でもサービスや顧客対応が段違いに良い。

 

 

「え、ここまでしてくれるの?」と、お客さんの期待を良い意味で裏切ることで、

「驚きを与える」という意味です。

 

 

つまり、値段が安くても高くても、

事業者が行うことは顧客に対して「払った金額以上の感動を与えること=驚きを与えること」です。

 

 

それができれば安売りだろうと、高めの料金設定であろうと、いずれにしても顧客の支持を得て商売は成功すると思います。

そう考えると、世の中の商売には安売りもブランドもない、ということになります。

 

 

どちらも商売のやり方としてはアリなわけで、

「驚き」を与え続けることができれば、安売りでもブランドでも商売は成功すると思います。

 

 

安売りで失敗するのは「ただ値段を安くする」ことに、一生懸命になっているからだと思うのです。

 

 

値段以上の感動を与えなければならないのに、「値段だけ安ければいい」と思って価格設定をすると・・・

顧客に満足感を与えられず失敗することもあります。

 

 

弊社では、これからも「驚きと感動と満足を顧客に与え続けられる」よう努力していきます。

そのためにも「相手を喜ばせようとする心」と「継続力」を社員一丸となって、磨いていきたいと思います!!

 

 

皆様にお会いできる日を楽しみにしております!!