D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

幡野広志さん

10月21日

こんにちは。

 

 

10月になり朝夕ぐっと涼しくなりましたね。

先日体調を崩して内科を受診したところ、

「インフルエンザですね」と診断を受けている方がいらっしゃいました。

もう豊川市内でも学級閉鎖の話を聞きます。

手洗い・うがい・十分な水分を摂ってインフルエンザを予防していきましょう。

 

 

 

さて、今回ご紹介するのは「幡野広志さん」です。

カメラマンを本職とする彼の前職は狩猟家というユニークな職歴をお持ちの方です。

 

 

 

私はこの方にツイッターで出会いました。

ネット上でお悩み相談の回答をしていて、その回答がとてもユニークかつ「腑に落ちる」もので

ときには相談者にするどい意見も言われるのですが、でも最後にしっかり温かく、的確にアドバイスされる。

またその文章力・表現力が素晴らしく、どなたかも「本職は本当にカメラマンですか?文筆家ではないのですか?」とコメントされていたほど。

一気に彼のファンになってしまいました。

タイトルは「幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう」まずタイトルからして興味がわきませんか?

https://cakes.mu/posts/27506

 

 

 

 

もちろん本業であるカメラマンとしての技術も素晴らしく

彼にしか撮れない写真はどれも、彼の人となりを映し出しているような温かい作品ばかりです。

 

 

 

 

また彼はガン患者であり、2017年末に余命3年であることを公表されました。

現在2歳の息子さんと奥さんに宛て、ずっと手紙形式での連載記事を書いておられます。

 

https://ninaru-baby.net/1

 

先日はこのような記事も書いておられました。

「しあわせになりなさい」というタイトルで、読んでいてとてもこみ上げるものがありました。

是非ともみなさんにも読んでいただきたい内容です。

https://note.mu/hatanohiroshi/n/n84809b0e073a

 

 

 

また、幡野さんは2冊本を出されています。

「ぼくが子供のころ、ほしかった親になる」「ぼくたちが選べなかったものを、選びなおすために」

私も読んでみたいと思います。

ほかにもみなさんに紹介したい記事がたくさんありますが書ききれません。

興味のある方は是非検索してみてください。

(画像は幡野さんご本人、幡野さんの写真作品です。SNSよりお借りしました)

 

 

 

 

 

 

 

 

ラック・インターナショナル株式会社 : https://www.lak-inc.jp/

 

[弊社サービス紹介]

*APP1 「アプリワン」: http://app1.jp/

*iPad・タブレットのビジネス活用アプリ 「D dashboard」:http://www.documentdashboard.cloud/

*翻訳サービス「翻訳コンシェル」:https://www.lak-inc.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/honyaku.pdf