D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

夏にさわやか 梅シロップと梅味噌

7月3日
  • HOME
  • » ブログ » 夏にさわやか 梅シロップと梅味噌

こんにちは。

 

 

本格的な夏がやってきましたね。

まだ梅雨が明けていないので雨も多いですが

昨日はさすがに暑くて

昨晩はアイスまくらを使いましたよ。

 

 

今回のエコなお話しは梅シロップのこと。

さて、みなさんは梅仕事はされますか?

スーパーや産直市場に甘い香りのする梅がたっぷり入った

袋がたくさん並ぶ季節です。

梅干し、梅酒、梅シロップ・・・

もうすっかり梅仕事も終わって

完成を待っている方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね。

梅には疲れを取る効果のあるクエン酸が含まれていて

日本人は昔から暑い夏を乗り切るために

梅雨に入る直前に梅仕事をして夏に控えていたのですね。

 

 

今年は我が家も梅シロップを作りました。

水で割ってジュースにして飲むととてもさわやか。疲れも取れます。

 

 

今年は冷凍梅で作りました。

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが

冷凍梅を使うとエキスがすぐに出るので数ヶ月待たずにすぐ飲めて

腐敗菌も減るため 雑菌でうっかりカビが生えてしまうということも

ないようです。

 

 

とても簡単な梅シロップの作り方をご紹介します。

材料:

梅1キロ、氷砂糖(またはお好みの砂糖類)1キロ、水2リットル

 

作り方:

①梅はよく洗い、水気をしっかり取る。

②つまようじなどでヘタ部分を取る。

③ジップバッグなどに入れ、一晩以上梅を冷凍させる。

④翌日以降、大きな鍋に冷凍した梅と砂糖、水を入れ火にかける。

⑤沸騰したら弱火にし10分ほど煮る。

⑥身がくずれる前に火を止め、完成。

冷めたら清潔な瓶などに詰め冷蔵庫で保存する。

水や炭酸水で倍以上に薄めて飲む。

 

 

我が家では1キロ梅を買い、半分を使って作りました。

子供たちにも大好評であっという間になくなってしまいました。

かき氷にかけるのもおいしそうですよ。

冷凍の梅があればすぐにできるのもいいところ。

我が家もそろそろ第2弾を作ろうかと思っています。

 

 

そしていつも消費に困るのがシロップを作ったあとの梅の実。

ジャムにしてもすっぱくてなかなか食べきれないのですが

今年は思い立って梅味噌にしてみました。

 

 

シロップを作ったときの梅、味噌、みりん、砂糖を小鍋に入れ

ゆっくり火を通すと実がほぐれてきます。

実を潰し、焦がさないようにしながらある程度煮詰めると

あっという間に梅味噌の出来上がり。

 

 

きゅうりに付けたり、肉炒めの味付けに使ったり。

とてもおいしくて、これから余った梅の実はすべて梅味噌にしようと思います。

 

 

さわやかなジュースに加え

余った実で調味料もできた今年の梅しごとに大満足です。

興味のある方は是非挑戦してみて下さいね。

 

 

 

ラック・インターナショナル株式会社 : https://www.lak-inc.jp/

[弊社サービス紹介]

*アプリ開発費O円 APP1 「アプリワン」: http://app1.jp/

*iPad・タブレットのビジネス活用アプリ 「カタログクラウド」: http://catalogcloud.jp/

*電子書店・カタログアプリ開発「イーブッククラウド」: http://ebookcloud.jp/

*翻訳・通訳サービス「スマートトランスレイト」: http://smarttranslate.jp/index.php