D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

伊豆紀行 その2

9月2日

こんにちは。

 

 

先日の台風9号が通過してからめっきり朝晩が涼しくなりましたね。

みなさん体調など崩していませんか?

 

 

先日投稿した伊豆旅行の続きをお送りします。

続きといっても、前回のぐらんぱる公園の前に立ち寄った

大室山についのお話しです。

3

 

大室山は伊東市にあるお椀を伏せたようなかわいらしい形をした、標高が580mの小さな山です。

底径1km、比高300mほどの山体を有し、その中心に直径250m、深さ40mのすり鉢状の火口を持っています。

また、南斜面の標高450m付近にも、直径50mほどの小さな火口もできています。

山の表面を覆っている綺麗な草・・・萱(かや)は、毎年2月の山焼きによって保たれているそうです。

 

2

頂上付近まではリフトで登ります。

とても急な斜面なので、高所恐怖症の私は

特に下りのリフトでは怖くて怖くて

座ったまま動くことができませんでした(笑)。

 

4

山の上からの景色がとても良く、1周20~30分のウォーキングコースになっています。

火口を覗くとアーチェリー場があり、アーチェリーを楽しんでいる人々の姿も見られました。

 

 

頂上付近で散歩や景色を楽しんだあとは

リフト乗り場入口にある「大室山軽食堂」に立ち寄りました。

観光地よくあるような食堂とは違って

和カフェのような、とても素敵な雰囲気のお店でした。

ヘルシーな野菜中心の前菜のついたランチメニューはどれもとてもおいしかったです。

最後にはこんな抹茶とかわいらしいデザートもついてきました。

 

5

 

このお店では「えんのかま」という陶芸工房さんの食器を使っていてどれも素敵でした。

私はこの山の形をしたようじ入れを特に気に入ってしまい

お土産に買ってしまいました。

 

1

 

伊豆半島にはほかにもたくさんのテーマパークや

美術館などもあり、何度行っても楽しめるところだと思います。

またいつか、家族や友達と訪れたいと思います。

 

ラック・インターナショナル株式会社 : https://www.lak-inc.jp/

[弊社サービス紹介]

*アプリ開発費O円 APP1 「アプリワン」: http://app1.jp/

*iPad・タブレットのビジネス活用アプリ 「カタログクラウド」: http://catalogcloud.jp/

*電子書店・カタログアプリ開発「イーブッククラウド」: http://ebookcloud.jp/

*翻訳・通訳サービス「スマートトランスレイト」: http://smarttranslate.jp/index.php