D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

春の七草 七草粥

1月4日

______________________________________

明けましておめでとうございます

旧年中はたくさんのご縁をいただき 誠にありがとうございました

本年も変わらぬ ご愛顧のほど 心よりお願い申し上げます

______________________________________

 

さて

皆さんは、お正月をどのように過ごしましたか?

 

私は食べ正月でした(笑)

おかげで3㌔ほど体重が増加・・・(/ω\)

食べ過ぎで胃もかなり疲れているはず・・・

私と同じおもいをしている方も多いのではないかと思います。

 

そこで七草粥で胃腸の調子を整えて、疲れた胃を回復させましょう。

 

日本では1月7日の朝に七草粥を食べるという習慣があります。

なんと江戸時代から続いている習慣だそうです。

かなり長い歴史がある食べ物ですよね。

 

七草粥を食べる理由としては、お正月のご馳走などで疲れた胃腸をいたわり、

青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効果もあり、

この日に七草粥を食べることで新年の無病息災を願うようになったと言われています。

 

では、その七草粥に入れる七草とその効果とは・・・

セリ=発汗、利尿、解毒などの作用があり、風邪の引きはじめやリユマチ、冷え性などの改善に用いられます。
ナズナ= 殺菌、消炎、止血、利尿などの作用があり、下痢、便秘、高血圧、膀胱炎などの改善に用いられます。
ゴギョウ= 利尿、鎮咳、去痰作用などがあり、咳やそれに伴う症状の改善に用いられます。
ハコベラ= 止血、抗菌、収斂、鎮痛、解毒などの作用があり、神経痛や湿疹、切り傷などの改善に用いられます。
ホトケノザ=民間療法で高血圧予防や健胃、止痛などに効果があるとされます。
スズナ(カブ)= 消化促進、解毒、鎮咳などに効果があるとされ、胃腸の働きを整えます。
スズシロ(大根)= 消化促進、鎮咳、去痰などに効果があるとされます。

色んなビタミンやミネラルがたっぷりで、体の調子を整えてくれる成分がたくさん入っています。

 

最近では、七草のセットがスーパーで販売されていて、手軽に購入できます。

健康にも良く、歴史のある食べ物。

年末年始で疲れてしまっている胃腸の為にも、健康の為にも、

普段、食べない方も今年は是非食べてみて下さい(^^)/

 

ラック・インターナショナル株式会社

https://www.lak-inc.jp/

 

キャプチャキャプチャ1