D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

次世代の起業家 イーロンマスク

8月6日
  • HOME
  • » ブログ » 次世代の起業家 イーロンマスク

 

こんばんは。

みなさんはテスラモーターズという車メーカを
知っていますか?
カリフォルニアでの販売台数はキャデラック、ジャガー、三菱、
ポルシェといった10の有名ブランドを上回ります。

テスラモーターズを起業したイーロンマスクさんは、
10歳でプログラミングを独学でマスター、
12歳の時には対戦ゲームソフトを開発。

 

スタンフォード大学に入学も、時代はWindows95が登場した
95年。学ぶことは何もないと2日で退学。
24歳で起業をしました。

 

のちにPayPalを創業、eBayに売却をして
100億円を手に入れました。
現在アメリカのビジネスシーンで、上場できるのは、
1000社に1社にも満たない0.1%以下と言われています。

 

シリコンバレーで起業した会社が3年目に残っている
率はわずか3%とも言われている中、
2003年にテスラモーターズを立ち上げ、2010年にナスダック上場を実現しました。
アメリカの自動車メーカの新規上場は1956年のフォード以来、
半世紀ぶりで、「21世紀のヘンリーフォード」呼ばれています。

 

2002年には宇宙ビジネスでスペースXを立ち上げ、
格安航空会社の宇宙版を目指し、
12月には商業衛星の打ち上げに成功しました。

 

 

2015年には、ファルコン9ロケットと有人型ドラゴン
宇宙船を初飛行させるとのこと。

 

2030年までには火星へ8万人を移住させ、
小さな都市を作る将来構想を掲げています。
民間船の宇宙船としては
初めて国際宇宙ステーションとのドッキングに成功。
すでにNASAの代わりに物資を運んでいます。

そんなイーロンマスクさんは、
大学のころに人類にとって必要になるものは
何かを考えました。
答えはネット持続可能エネルギー複数での惑星での生活の3つでした。

そんな彼の言葉をいくつかご紹介。

「何となく感じる恐れは無視するべきだ。
その恐怖が合理的であっても挑戦に値することであれば、
やり過ごして前に進むべきだ。」

「電気自動車のアイディアは古くからあったのに、
なぜ誰も作らなかったのか。それはアイでィアを実行
することが、思いつくよりも難しいからだ。」

 

「うまくいかないことばかりで会社も死にかけていました。
しかし私はやれることがある限り絶対にあきらめない覚悟でした。」

 

やはり個人の利益を優先するのではなく、
それが公共、国家、社会の利益になりえ、
失敗してもひたすらに情熱を持ち続け努力しつづけることは
大切だと思います。

 

 

弊社も事業を通じて社員のモチベーションを
高くするには、やはり理念やこの事業が社会に出ることで、
こんな影響を与えることができる。
そこの部分を社員1人1人がイメージできるような
会社作りをしていきたいと思います。