D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

バンダイナムコ グローバル戦略

7月9日
  • HOME
  • » ブログ » バンダイナムコ グローバル戦略

皆様お元気でしょうか?

 

最近頻繁にニュースで取り上げられる

教師や上司の暴力事件。

 

以前は教師に殴られるのは当たり前の世界であったにもかかわらず…

時代の流れですかね?

殴る事が良い事とは思いませんが、

そういう経験も悪くないかなと今なら思います。

 

「親父にもぶたれたことないのに!」

誰もが知っているこのフレーズが有名な「機動戦士ガンダム」

ついに始動します!

2009年に東京・お台場で公開された実物大ガンダムは首の一部が動くだけだった。

しかし、シリーズ40周年となる5年後の2019年に実際に動かすプロジェクト

「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」をバンダイが発表。

高さ18メートルの実物大ガンダムを動かすアイデアを国内外から募集し、

日本が軸となって実現を進める。

 

プロジェクトを担当するのは、サンライズ、創通が設立した

「一般社団法人 ガンダム GLOBAL CHALLENGE」。

Webサイトでアイデア募集要項を公開。

実際に動かす「リアルエンターテインメント」部門と、

仮想現実(VR)技術を活用する「バーチャルエンターテインメント」部門の2つについて、

国内外から広くアイデアを募っていく。

 

アイデアは来年2月に締め切り、同年秋にプランを発表。

これに追加するアイデアの募集などを経てプラン策定と実施計画を進め、

2019年夏にガンダムが動く予定となっている。

 

バンダイの上野和典社長は

「ついにリアルスケールのガンダムを動かすことにチャレンジしてみようと思った。

本当にリアルに動くのか、バーチャルリアルか、その組み合わせか──想像は無限に広がる。」

と話す。

 

ガンダムファンの多くは圧倒的に日本とアジアだが、

欧州を始め世界中にたくさんのガンダムファンが存在する。

バンダイナムコのグローバル戦略上、重要なプロジェクト

 

ガンダムシリーズの富野由悠季監督は「ようやく、絵空事で考えていたものが形になる」と期待する。

 

ファンからすれば、

18メートルのガンダムが実際に動いてしまったら、

たまらんでしょう?

技術の進歩とはすごいものです。

後世に誇れるような物、事を残せたらとつくづく感じております。

 

参考資料:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1407/09/news098.html