D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

タブレット 一人一台時代 突入か

4月3日
  • HOME
  • » ブログ » タブレット 一人一台時代 突入か

 

皆さんこんばんは。

皆さんはスマートフォンやタブレットは
お持ちでしょうか?

 

このブログをご覧の皆様はきっと
お持ちだと思います。

 

今では、3歳の子供でも
体感的に、タブレットを使用している姿を見かけます。

 

操作も難しくなく、簡単に使用できるところも
機械としての性能の向上を感じますよね。
やはりシンプル イズ ベストです。

 

ICT(情報通信技術)の活用が教育現場で、広がる中、
佐賀県立高校で、2日、新入社員(約6,800人)を対象とした
タブレット端末の販売と操作の説明会が行われたとのことです。

販売期間は、4日までで、9日の入学式後、授業で使い始めます。
同県立高校では、全国に先駆け、
タブレット端末の「1人1台時代」が始まります。

 

県の教育委員会は、学力向上を目的に、
今年度の新入生から全員に購入させることを決めました。
辞書などのデジタル教材を含めた価格は8万4千円。

生徒側の負担は、県が補います。
分割払いも可能で、今のところ、
購入しないという新入生はいないそうです。

 

僕らの学生時代には、基本携帯電話を校内で使用するのは
形上禁止でしたが、時代は10年あれば変わるものです。
勉強の仕方なども社会の在り方により、
そして企業のありかたにより、
どんどん変化をとげていくようですね。

 

昨今の生活環境は急激な変化がありますので、
これからの時代を担う若い世代が、
新しいこと、より社会貢献できることを
発見していっていただければと思います。

 

人生の選択肢もより増えていくかもしれませんね。