D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

無線LAN 教育へ活用

3月20日

こんにちは

 

みなさん、家でインターネットを引いている方は、

コードが露出していると足に引っかけたり、

コードを隠すために、物の配置やコードの通す場所で試行錯誤しませんか。

 

コードレスの無線LANであればこれが解決!

私も無線LANにすれば良かったと感じる事もしばしば。

 

法人向け無線LANメーカーの株式会社フルノシステムズという会社が

無線管理ソフトウェア「UNIFAS」とアクセスポイント「ACERA」というものを提供しています。

 

フルノシステムズの無線LANは、

アクセスポイントACERAと管理ソフトウェアUNIFASだけの単純な仕組みであり、

外資系メーカーが提供するような高価な無線LANスイッチは必要無し。

UNIFASはアクセスポイントを300台まで集中管理でき、

複数の拠点においても一元的に管理が可能。

 

Web認証や、LDAP認証など様々な認証方式に対応しており、

セキュリティの面でも信頼されている。

 

「iPad」や「iPhone」など、

近年、急速なニーズの高まりを見せるスマートフォンの活用を支える無線ネットワークとして注目されており、

キャンパスネットワークとして、大学への導入機会も増加。

 

図書館やラウンジでのホットスポット提供や、

デジタル教材を無線で活用というニーズも高く、

そんな課題解決にベストなツールとなっている。

 

教育IT系の展示会にも参加し、

無線LANの導入を検討している学校、教育関係者向けにサービスを展示もしている。

 

自分の会社の事業が、教育現場で活用され、

貢献出来る事はとても素敵であり、

素直に、技術の向上・会社の成長のための努力を惜しまず頑張れる気がする。

 

ふと、今自分はいったい何のために頑張っているのだろうと感じたら、

こんな事業を立ち上げるためだ、と言い聞かせてみようと思った今日でした。