D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

EV

2月26日

皆様

こんにちわ

 

エコしてますか?

私は金銭的な問題も重なり、

エアコンなどの暖房器具をつけず、毎日寒い思いをしながらエコしてます。

 

エコカーと言えば?

とっさに思い浮かぶのはハイブリッド車(HV)ではないでしょうか。

しかし、本命としましては電気自動車(EV)。

 

なかなか普及の進まないEVではありますが、

大きな動きを見せたのが、パナソニック。

 

パナソニックが米EVメーカーのテスラ・モーターズ【http://www.teslamotors.com/tokyo】と共同で、

米国にEV向け電池工場を建設予定。

総投資額は1千億円を超えるとみられ、EV向けリチウムイオン電池工場では世界最大規模。

2017年の稼働を目指し、テスラのEVに搭載するほか、

EVにあまり力を入れていないのではないか?と言われているトヨタ自動車など他社への供給も検討中。

EVが普及すれば、取引先約2万6千社から成る巨大な“トヨタピラミッド”に

亀裂が生じる危機性は否めないが、

本格始動も視野に入れているのかもしれない。

 

工場では電池の材料生産から組み立てまでを一貫して手掛ける計画で、

パナソニックとテスラのほか材料メーカーなどの参加も見込んでいる。

今後需要が見込まれる家庭用蓄電池などにも用途を広げ、工場の稼働率向上を図るとみられる。

 

テスラは03年設立のEVベンチャーで、パナソニックやトヨタが出資。

パナソニックとテスラは昨年10月、14年から4年間で約20億本のリチウムイオン電池を供給する契約を締結している。

EVは原価に占める電池の割合が大きく、現状ではガソリン車に比べて高価なのはいうまでもない。

しかし、新工場の立ち上げで電池生産のコストダウンを図り、販売価格の引き下げを目指す。

 

パナソニックは自動車関連事業を成長分野の柱に位置付け、

平成30年に現在の約2倍の売上高2兆円を目指している。

車載用電池はその主力で、テスラとの共同生産で販売増を狙う。

 

EVが道路の車の過半数を占める時代が10年後くらいには来るかもしれないですね。

 

しかしながらそれよりも、03年設立でまだ10年ちょっとのテスラ・モーターズに興味を惹かれました。

以前、アメリカの富裕層に人気No1の車はベンツ、ロールスロイス、ベントレーでもなく

セダン「モデルS」と御紹介させていただいたテスラ。

今後もグイグイ成長していく事でしょう。

 

そんな会社を目指しております…