D dashboard

E-BOOK事業

インターネット販売事業

翻訳コンシェル

パートナー企業募集

英単語の勉強法

11月19日

こんにちは。

 

 

 

先日わが子たちの学芸会に行って来ました。低学年の子は劇、まだあどけない子供たちが一生懸命に劇を作り上げる姿に感動しました。

そのかわいさを冷凍保存しておきたい・・・と思ってしまいました。

一方で高学年のほうは合奏・合唱・ダンスだったのですが時間をかけて練習したのがとてもよく伝わってきた、危なげのない一糸乱れぬパフォーマンスに

また成長を感じ涙しました(親バカで感激屋さんです・・・)。

 

 

 

さて、今回はお子さんの英語教育に熱心な友人が紹介してくれた英単語の勉強法のお話しです。

詳しくはその紹介してもらったブログに書いてあるのですが

 

 

ざっと内容をかいつまんで説明させていただきます。

「DUO3.0」という単語帳がお勧めとのこと。

まずは半透明の小さな付箋を100枚用意し、

1日目単語帳を最初のページから見ていってわからない単語にどんどん付箋を貼っていきます。

100枚貼り終えたら、翌日はそのわからない単語から見始め

覚えていたら付箋をはがす、そして新しく見始めたところでわからない単語にまたはがした付箋を貼っていく。

以前覚えられていなかった単語の付箋はそのまま貼っておく。

付箋がなくなったらその日の勉強は終わり。

・・・これをとにかく毎日繰り返すのだそうです。

これをやっていけば、何度も見返すことでわからなかった単語も覚えていけるとのこと。

 

 

これは、大学受験のときや社会人になってからTOEICで高得点を目指す方に大いに役立つ勉強法ではないでしょうか?

私も若かりし頃大学受験を控えた3年生の春、

見事希望の大学に進学した先輩から「単語帳は最初のページから少なくとも800語は覚えておくこと」とのアドバイスをいただき、とにかく一生懸命覚えました。

そのおかげで実際の試験でもそのボキャブラリーはとても役に立ちました。

ですが、この勉強法を知っていたら800語と言わずもっとたくさん覚えられていたかもしれません。

自分の子供が受験のときにはこの方法を是非伝えたいと思います。

 

 

これからボキャブラリーを増やしたいと考えているみなさん、是非一度この方のブログを詳しく読んでみてくださいね!

 

 

 

現在ビジネスを行う上でも切っても切れない英語をはじめとする外国語。

社内では外国語で書かれたビジネス文書を正確に翻訳している時間がないという方、

観光や製品のパンフレットを外国語で制作したいという方、

是非弊社の「翻訳コンシェル」にご相談ください!

まずはお電話で詳しくご依頼内容を伺い、

ご予算や納期・翻訳後の使用法に合った方法でご対応致します。

 

 

http://www.lak-inc.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/honyaku.pdf

 

 

ラック・インターナショナル株式会社 : http://www.lak-inc.jp/

[弊社サービス紹介]

*APP1 「アプリワン」: http://app1.jp/

*iPad・タブレットのビジネス活用アプリ 「D dashboard」:http://www.documentdashboard.cloud/

*翻訳サービス「翻訳コンシェル」:http://www.lak-inc.jp/wp/wp-